痛くない矯正

歯の矯正をしたいけど、装置を付けて歯を動かすのは痛そう・・・。そんな患者様の声をよくお聞きします。確かに従来の矯正治療では痛みを伴うことも少なくありませんでしたが、当院ではできるだけ痛みを減らし、患者様にストレスなく受けて頂ける矯正治療を行っています。
痛みが発生する原因の一つは、ワイヤーによる締め付けが強過ぎることです。当院では緻密に正確な調整を行いながら治療を進めていくため、患者様が痛みを感じることはほとんどありません。また、ワイヤーの素材も従来とは異なる超弾性・形状記憶ワイヤーを使用しているため、強過ぎない力で歯を少しずつ動かしていきます。このワイヤーは、ヒートベンダーと呼ばれる特殊な機械を使って調整する必要があるため、設備や技術のある一部の歯科医院でのみ実現可能な方法です。

ヒートベンダー

矯正治療中に口内炎ができてしまう方もいらっしゃいますが、当院では装置が患部に当たらないように調整する、装置にカバーをする矯正用ワックスをお渡しする、口内炎ができてしまった場合は軟膏を処方する、などの対策を取っていますのでご安心ください。

ローフリクションシステム(デーモンシステム)

「ローフリクション」とは日本語で低摩擦という意味です。アメリカの矯正歯科医デュイット・デーモン博士は、歯に装着したブラケットにワイヤーを縛り付けず、自由に滑らせるようにする新しい矯正方法を開発しました。この方法によって、歯への負担が軽減し、痛みない矯正治療を実現することができるようになりました。さらに、矯正期間が短縮されることや、抜歯せずに矯正治療を行えるなどのメリットもあります。当院では、ブラケットを使って矯正治療を行う場合は、全てこのデーモンシステムを採用しています。

形状記憶合金ワイヤー

従来の矯正装置では、ワイヤーで強く歯を引っ張るため、場合によっては食事もできない程の痛みが発生することがありました。形状記憶合金ワイヤーなら、材質が柔らかく変形しやすいため、力を分散させながら痛みの少ない治療を行うことができます。

目立たない矯正

セラミックブラケット

歯の色に近いセラミック製の矯正装置を使うことで、目立たない矯正治療を行うことが可能になりました。さらに、マウスピースを使った矯正治療とは異なり、症例の適用範囲が広く、治療期間が長くなることもありません。

裏側矯正

矯正装置を歯の裏側に取り付けることで、目立たない矯正治療を行うことができます。さらに、歯の裏側には常に唾液があるため、その殺菌効果で虫歯になりにくいという特徴もあります。また、症例によっては治療気管を短縮することが可能です。

裏側矯正について

マウスピース矯正

透明なマウスピースで上の歯と下の歯をそれぞれ包み込み、マウスピースから加わる力によって歯を移動させていく比較的新しい矯正治療方法です。一言で「マウスピース矯正」と言っても、実は様々なメーカーが開発をしており、材質や交換頻度や治療の進め方が若干異なります。通常は、1日20時間以上、お口の中で装着する必要がありますが、食事や歯磨きの際は取り外して頂くことができます。

マウスピース矯正について

インビュー(InVu)

セラミックブラケットを使った矯正治療の中でも、最も自然で目立たないのがインビューです。歯の色に馴染むよう設計されており、ワイヤーも白いものを使用しますので、ほとんど目立たずに矯正治療を受けて頂くことができます。もちろん、治療中に変色・着色することもほとんどありません。さらに、通常のセラミックブラケットよりも薄く作られているため、お口の中の違和感も軽減されます。

インプラント矯正

インプラントを使ったスピード矯正

実際の写真
歯を失った時に行うインプラント治療とは異なり、矯正治療専用のスクリュー(チタンでできたねじ状のもの)を骨に埋め込み、そこを支点にして歯に力をかけていきます。しっかりと力をかける土台を作ることで、治療期間を6~8ヶ月も短縮できることもあります。なお、インプラントはお口の中の後方に埋め込むため、ほとんど目立ちません。
矯正用のインプラントを埋め込む際は、局所麻酔を使用し、時間は10~20分程度で終わります。非常に細い装置であるため、ほとんど痛みや腫れはありません。もちろん、矯正治療終了後に傷跡が残ったりすることもありません。

インプラント矯正の特徴

治療期間が短くなる

インプラント治療は、顎の骨に埋め込んだ装置を使って歯に力を加えるため、効率よく歯を移動させていくことができます。そのため、治療期間を短くすることが可能です。インプラントの埋め込みや撤去も1回の処置で終わります。

難症例にも対応

通常の矯正治療は、歯の位置によっては力を上手く加えることができないケースもありました。しかしインプラント矯正を使えば、奥歯の移動や、伸びてしまった歯を短くする矯正治療も可能です。

抜歯の必要がない

奥歯を後ろに移動させることができるようになったため、従来のようにスペースを作るために抜歯をする必要がなくなりました。

治療成果が良い

固定源があることで、歯に力を加える向きや大きさを細かく調整できるようになりました。そのため、ヘッドギアなどの補助的な矯正器具を使用することなく、良い治療成果を得ることが可能です。

インプラントの埋め込み

矯正治療用のインプラントは、非常に細いネジ状のもので、2~3mm程度骨に埋め込むことになります。施術に必要な時間はわずか10~20分で、もちろん太い血管や神経の位置などもしっかりと確認した上で、安全に埋め込みを行います。さらに、埋め込んだ後はほとんど痛みがありませんので、日常生活に支障をきたす心配もありません。なお、歯磨きなどのお手入れはしっかりと行うようにしましょう。

矯正用インプラントの埋入について

手術時間

インプラントを埋め込むのに必要な手術時間は、1本当たり約10~20分です。もちろん、日帰りで処置を行います。

材質と形状

インプラントは、人の身体に害がなく、馴染みやすいチタン製のものを使用します。骨としっかり固定させるために、細いスクリュー型をしています。

麻酔

インプラントの埋め込み手術は、局所麻酔下で行います。大掛かりな手術ではないため、使用する麻酔の量も比較的少なめです。

痛みや腫れ

埋め込み直後に、多少痛みや腫れが発生することもありますが、ほとんどの場合は2~3日以内に治まります。

術後のケア

インプラントを埋め込んだ後は、衛生管理をしっかりと行うようにしましょう。毎日の歯磨きはもちろん、当院は歯のトータルケアを行いながら矯正治療を進めていくため、院内でのクリーニングも効果的です。

部分矯正

部分矯正

通常の矯正治療は、歯全体に対して行うものですが、症状やご希望によっては部分的に矯正を行うこと(プチ矯正、小矯正、MTM)も可能です。部分矯正は、当然、治療期間や費用負担が軽減されるため、お手軽に治療を受けて頂くことができます。

全顎矯正 【期間】1年半~2年半
【費用】85万円前後
部分矯正 【期間】3~8ヶ月
【費用】通常の半額程度(またはそれ以下)

部分矯正は一部の歯が傾いている場合は、部分的に歯が揃っていない場合などに適用できますが、事前のカウンセリングを十分に行い、きちんと効果が見込めるかどうかを判断することが大切です。

部分矯正が適しているケース

  • 出っ歯や受け口の中でも、症状が軽度なもの
  • 前歯の中で2本だけ歯並びが悪い
  • 1本だけ飛び出ている歯がある
  • 少しだけ歯がでこぼこしている
  • 以前、矯正治療を受けていたが、歯の位置が戻り始めた
  • インプラント治療や補綴治療のために、倒れかけている歯を起こす必要がある

部分矯正が適さないケース

  • 奥歯の噛み合わせが悪い
  • 顎骨の位置が上と下で揃っていない
  • 程度の大きい歯のでこぼこがある

部分矯正の特徴

治療期間が短縮できる

通常の矯正治療期間は約2年ですが、部分矯正は約3~6ヶ月くらいまで短縮することができます。(治療期間は個人差があります)

費用負担が少ない

部分矯正なら、通常の矯正と比べておよそ1/3~1/5くらいの費用で治療を行うことができます。(費用は症状によって異なります)

目立たない

矯正装置が小さいため、目立ちにくいという特徴があります。もちろん、お口の中の違和感も少なくなります。

その他

その他にも、部分矯正には、通常の矯正よりも抜歯の可能性が低いことや、インプラント・入れ歯など治療前に部分矯正を実施することで機能的回復の可能性を高められるといったメリットがあります。ただし、全ての症例に適応できる訳ではありませんので、まずは当院の無料相談へお越しください。

裏側矯正

裏側矯正とは

矯正治療を敬遠されている方の多くが、「治療中に装置が目立つのが嫌だ」と仰っていますが、そんな方にお勧めなのが裏側矯正です。
通常の矯正治療では、装置を歯の表に取り付けますが、これを裏側に取り付けることで目立たずに矯正治療を受けて頂くことができます。また、裏側矯正は虫歯になりにくいというメリットもあります。通常は矯正中は装置の隙間に歯磨きが行き届きにくく、虫歯になりやすい傾向にあるのですが、歯の裏側は唾液が満たされているため、その殺菌効果によって虫歯になりにくくなります。
さらに、矯正装置を取り付ける時は歯の表面のエナメル質が削れてしまうことがありますが、裏側矯正なら歯の表のエナメル質に影響を与えることはありません。

裏側矯正の特徴

目立たない

できるだけ他人に知られずに矯正治療を受けたいという方には、裏側がお勧めです。

衛生的

矯正治療中は、装置が取り付けられている部分に虫歯ができやすいのですが、歯の裏側は常に唾液があり、その殺菌作用で虫歯菌が増えにくくなっています。さらに、歯の表面にあるエナメル質は裏側の方が約3倍も厚いため、細菌に侵されにくいという特徴もあります。ただし、もちろん矯正治療中はしっかりと歯磨きを行い、いつもお口の中を衛生的に保つようにしましょう。

出っ歯を戻しやすい

裏側矯正は、前歯を正常な位置に戻すのにとても適しています。さらに、舌で前歯を押す癖も治療中に改善されていきますので、治療後に再度歯が出てしまうリスクを抑えることができます。

治療開始直後は発音しにくくなることも

矯正装置を歯の裏側に取り付けるため、舌が動かしにくく、発音しにくいといったことが発生する可能性があります。営業・接客など、会話の多いお仕事をされる方は、ご注意ください。

インコグニート(Incognito)

より違和感が少ない裏側矯正「インコグニート」とは。

インコグニート インコグニート

イニングコートは、患者様一人ひとりの歯に合わせてオーダーメイド製作される裏側矯正システムです。

イニングコートは、コンピューターを使って患者様一人ひとりに最も適した裏側矯正装置をお作りする治療方法です。そのため、非常に精度が高く、装置も小さいため違和感がかなり軽減されています。さらに、歯の裏側を覆うように装着されるため、さらに虫歯になりにくいというメリットもあります。

インコグニートの特徴

  • 患者様一人ひとりに合わせて、オーダーメイドで最適な矯正治療をお作りします。
  • 装置がかなり薄いため、お口の中の違和感や発音障害のリスクを軽減できます。
  • 効率良く歯を動かしていくことができます。
  • 治療期間が短縮されます。
  • 装置の脱着が少なく、むし歯リスクも下げられます。
  • インコグニートと従来の裏側矯正の違い

インコグニートと従来の裏側矯正装置を比較した表です。

名 称インコグニート従来の裏側矯正装置
(リンガルブラケット)
形態 非常に薄い
形態
※オーダーメイドのため、歯にフィットする。そのため、装置の脱落が少なく、虫歯にもなりにくい
厚みが出てしまう
厚みが出てしまう
発音の障害 薄いため、発音障害が出にくい 特にサ行・タ行・ラ行の発音に支障が出やすく、慣れるまでに1~2ヶ月の期間が必要
制作方法 コンピューターを使って、患者様一人ひとりに合うものをオーダーメイド 既製品
材質 貴金属・ゴールド(金合金) ニッケル・コバルト等の非金属
アレルギー有・無 金合金のため、アレルギーが少ない 金属アレルギーの可能性あり
治療に使うワイヤー ワイヤーも全てコンピューターによって製作される
治療に使うワイヤー
矯正歯科医が手でワイヤーを曲げる
治療期間 治療期間中に取り替えるワイヤーも、全て事前に作製するため、治療時間が短縮される 装置脱落やワイヤー精度低下によって、治療期間が長くなることもある

イニングコートを使用することで、従来の裏側矯正よりも、はるかに快適で効果的な治療が可能になりました。そのため、当院では裏側矯正をご希望の患者様には全てインコグニートを採用しています。

インビザライン

「目立たない」矯正治療、インビザライン。

インビザラインは、透明なマウスピースを使って歯を移動させていく矯正治療です。マウスピースはコンピューターによって製作され、約2週間毎に新しいものに取り替えていきます。
インビザライン最大のメリットは、何と言っても透明で目立たないことです。さらに、脱着可能なため、食事や歯磨きは今まで通り行って頂くことができます。

特にこんな方にお勧めです

  • 接客・営業・CAなど、人前で話すことが多い方
  • 自分で取り外し可能な装置で、矯正治療を行いたい方
  • これまで通り、美味しい食事を楽しみながら治療を進めていきたい方
  • 金属アレルギーをお持ちの方

目立たない

インビザラインは、透明なマウスピースを使って歯を移動させていく矯正治療です。マウスピースはコンピューターによって製作され、約2週間毎に新しいものに取り替えていきます。
インビザライン最大のメリットは、何と言っても透明で目立たないことです。さらに、脱着可能なため、食事や歯磨きは今まで通り行って頂くことができます。

取り外しが可能

患者様ご自身で取り外して頂くことが可能なため、普段通りのお食事を楽しんで頂くことができます。また、歯磨きもこれまで通りに行って頂けることや、装置を丸ごと洗浄できることから、衛生面の管理もしやすいという特徴があります。

コンピューターシミュレーションで安心の治療計画

三次元のコンピューターシミュレーションによって、歯をどのように動かしていくのかを事前に確認することができます。

痛みが少ない

従来の矯正装置のように、痛みや口内炎発症の心配がほとんどありません。

全世界130万人の治療実績

インビザラインはアライン・テクノロジー社が1997年に開発した矯正方法で、アメリカやヨーロッパを中心に、世界の様々な国で使われています。その患者数は既に全世界で130万人(2008年12月末)、そしてアメリカ国民の約80%はインビザラインを認知していると言われています。

これまで通りの食事を楽しんで頂けます

従来の矯正装置は、食事の際に食べ物が絡みついたり一部の食べ物が制限されたりするストレスがありました。しかし、インビザラインなら食事中に取り外すことができますので、これまでと変わらない食事を楽しんで頂くことができます。

虫歯になりにくい

取り外して歯を磨くことができるため、通常の矯正方法よりも虫歯や歯周病になるリスクが低くなります。

金属アレルギーをお持ちの方も安心

インビザラインはプラスチック製で金属を一切使用していないため、金属アレルギーをお持ちの方も安心して治療を受けて頂くことができます。

インビザラインが適さないケース

当院では、患者様の歯の状態をきちんと検査した上で、インビザラインによる矯正治療が可能かどうかを判断させて頂くようにしています。

インビザラインが適さないケース
  • 歯のでこぼこが大きく、抜歯が必要な場合
  • 歯を大きく移動させる必要がある場合
  • 上下の顎の位置がズレている場合
  • まだ永久歯が生えそろっていない方

上記に当てはまる方でも、従来の矯正とインビザラインを併用することで、ワイヤーを装着する期間をかなり短縮できることがあります。

治療費用

インビザラインは、多くの製作工程を必要とするため、一般的には通常の矯正治療よりも高くなりがちで、中には100万円を大幅に超えてしまうこともあるようです。しかし、当院はグループ全体でのインビザライン導入や豊富な経験を生かして、80万円(税別)でインビザライン治療を実現することを可能にしました。

1日20時間以上の到着が必要です

インビザラインは取り外し可能ですが、1日20時間以上の装着をしなければ十分な治療結果を得ることができません。そのため、食事や歯磨き以外の時間はきちんと装着するようにしてください。

インビザラインの治療の流れ

Step 1精密検査

インビザラインによる矯正治療をご希望される方は、まずレントゲン・歯型・口腔内写真などの各種検査を行い、適切な治療計画を作成していきます。

 

Step 2インビザライン作製

レントゲン・模型といった検査結果を元にして三次元コンピューターシミュレーションを行い、その結果に基づいてインビザラインを作製します。(マウスピースができあがるまでには、およそ1ヶ月間かかります)

 

Step 3治療開始

マウスピースの装着を開始します。通常、治療期間はおよそ1年半~2年半程度で、この感は1ヶ月ごとに通院して頂き、歯の状態をチェックします。また、歯の動きに合わせて2週間毎を目安に新しいマウスピースに取り替えていきます。

 

Step 4保定

歯の移動が終わった後は、元の位置に戻ってしまわないように保定装置を取り付けます。保定期間が終わりますと、全ての矯正治療が完了となります。

クリアアライナー

クリアアライナーとは

クリアアライナーは、インビザライン同様に、取り外し可能な透明マウスピースを使った矯正装置です。厚みはわずか1mm程度で、インビザラインよりも薄く、より目立ちにくいというメリットがあります。一方で、毎回新しいマウスピースを作るための歯型を取る必要があるため、やや煩わしさを感じる方もいるかもしれません。ただし、クリアアライナーは10日程度で製作できますので、治療開始はインビザラインよりも早まります。どちらがより適しているかは、患者様の症状やご希望によって異なりますので、当院の矯正歯科専門医が患者様とご相談の上、納得のいくものをお選び頂くことになります。

マウスピース矯正の特徴

発音障害や痛みが少ない

クリアアライナーな非常に薄い装置ですので、発音障害が起きることはほとんどありません。またワイヤー等を使用しないため、痛みを感じることもありません。

目立たない

透明で薄い素材でできていますので、装着中もほとんど目立ちません。

衛生的

取り外しが可能ですので、歯磨きはフロスなどのお手入れはこれまで通りに行って頂くことができます。

歯ぎしり予防やホワイトニングも同時にできる

マウスピースを就寝時に装着することで、歯ぎしりを予防し、歯がすり減ってしまうことを防げます。また、ホワイトニング剤を塗布すれば、歯並びを良くしながら歯を白くすることも可能です。

金属アレルギー心配がない

非金属性の装置ですので、金属アレルギーを引き起こすことはありません。

適用症例に制限がある

歯並びは顎の状態によっては、クリアアライナーが適用できないこともあります。

装着時間厳守の必要性

クリアアライナーの装着時間は1日17時間以上です。治療期間を長引かせないためにも、なるべく長く装着するようにしましょう。

毎回型を取る必要性

クリアアライナーは、毎回新しい型を取って装置を作成します。

その他

クリアアライナーは、従来の矯正治療と比較して、通院回数が少なくて済むというメリットがあります。また、事前に三次元シミュレーションを行いますので、自分の歯がどのように動いていくのかを事前に確認できます。

ブライダル矯正

ブライダル矯正

一生モノの思い出だから
結婚式は最高の笑顔で迎えたい

思い出の結婚式を美しい笑顔で迎えるために、歯並びをきれいにしませんか?当院では、結婚式当日までの限られた期間の中で、様々な事情を考慮しながら最大限の効果を出すためのブライダル矯正を提案させて頂きます。

ブライダル矯正とは

結婚式までに、前歯を中心に歯並びをきれいにしていく矯正治療です。もちろん、結婚式当日までに矯正装置は全て取り外しますので、当日はご自身のきれいな歯で迎えて頂くことができます。なお、ご希望の方は結婚式終了後に再度治療を行い、全ての歯を理想的な位置まで矯正することも可能です。

ブライダル矯正Q&A

Q

ホワイトニングは併用できますか?

A

ホワイトニングも同時に行うことが可能です。そのため、結婚式当日は、歯並びも色もきれいな状態にすることができます。

Q

一部の歯が欠損している場合はどうすればいいですか?

A

仮歯や補綴物を使って、隙間が目立たないようにすることが可能です。

Q

ブライダル矯正の治療方法は選択できますか?

A

はい、裏側矯正・マウスピース矯正・部分矯正なども選択して頂くことができます。

Q

費用はどれくらいになりますか?

A

およそ3~10万円くらいです。結婚式終了後に治療を再開する場合は、追加費用が発生しますが当院ではディスカウントさせて頂いております。

結婚式までの期間が2ヶ月を切っている場合は、満足頂く結果を出すことが難しいため、できるだけお早めにご相談ください。

小児矯正

小児矯正の重要性

小児矯正なら、骨格を改善することも可能です。

顎が柔らかいうちなら、歯並びをきれいにするための顎の成長もコントロールすることができるため、お子様の矯正は、顎が成長している6~14歳くらいの間に行うのが効果的です。

小児矯正の目的
  • 1出っ歯を治す
  • 2受け口を治す
  • 3顎を広げて、永久歯が生えてくる場所を確保する
小児矯正の特徴

小さなお子様は、指しゃぶりなどが原因で噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。また、噛み合わせが悪いと歯磨きがしにくいため虫歯のリスクが高まります。将来のお子様の口内環境を守るためにも、早めに歯並びを整えておくようにしましょう。

仕上がりが良い

歯が極端に大きいと、抜歯が必要になることもありますが、小児矯正で顎の成長を促していけば、より良い仕上がりが期待できます。

乳歯の歯並びも良くすることができる

乳歯を適切なタイミングで抜くことにより、永久歯が正常な位置に生えてくるようにすることができます。

抜かない矯正治療が可能

顎を広げて、歯をきれいに並べるスペースを確保すれば、矯正治療のために歯を抜く必要がなくなります。

顎の変形を防止する

噛み合わせが良くないと、顎が変形してしまうことがあります。早期に歯並びを良くすることで、こういった事態を防ぐことが可能になります。

抜歯の可能性が減る

狭い顎を広げることで、不必要な抜歯を無くすことができます。成人が矯正治療を行うと2~4本の抜歯が必要なケースでも、小児期であれば抜歯せずに歯並びを治せることがあります。

装置をつける期間が短くなる

小児期に矯正を行っておけば、その後、本格的な矯正が必要になった際も治療期間が短くて済みます。

歯や顎の負担を減らせる

噛み合わせが悪いと、歯を擦り減らすリスクが高まります。小児期にきちんと噛める状態にしておけば、歯や顎の負担は小さくなります。

コンプレックス解消

歯並びは、学校でのコミュニケーションに支障をきたすことがあります。早めに改善することで、精神的なストレスの軽減にも繋がります。

治療期間が長くなることが多い

小児矯正は、顎の骨の成長が終わる15歳前後まで経過を観察する必要があります。そのため、一般的には矯正期間が長くなる傾向にあります。

矯正期間中は一時的に歯並びが悪くなることもある

小児矯正は顎の成長に合わせて進めていくため、一時的に歯並びが悪くなることもあります。

成人してから再度矯正が必要になることもある

受け口の場合などは、成人してから再度矯正治療が必要になることもあります。

治療中の虫歯予防

治療中の虫歯予防

矯正装置を取り付けている期間中は、歯磨きが行き届きにくいため、歯石や歯垢が溜まりやすい状態になっています。そのため、虫歯や歯周病も含めたトータルケアをしながら矯正治療を進めていく必要があります。
もちろん、ご自宅でできる歯磨き方法やケアグッズの紹介もさせて頂きますが、ご来院頂いた際には歯のクリーニングを受けて頂き、フッ素塗布をすることで、さらに虫歯・歯周病のリスクを下げることができます。

PMTC(歯のクリーニング)

PMTCは、虫歯や歯周病予防のために最も重要なことの一つです。歯磨きだけでは取りきれないバイオフィルムをしっかりと取り除き、汚れが付きにくいようにトリートメントも行います。

フッ素塗布

フッ素は歯を丈夫にするための成分で、表面のエナメル質に塗布することで虫歯菌による酸の侵食を防ぎます。

診療のご予約はお電話にて受け付けます。03-3597-7666
top_img05_spimg.png
STAFF BLOG 簡単楽々 24時間ネット予約受付中 モバイル予約はこちら 矯正症例はこちら クレジットカード対応 Doctor's file