親知らずの抜歯・移植|内幸町駅・新橋駅近く|日比谷通りスクエア歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

  • 国立東京医科歯科大学附属病院医療連携医院 / 日本大学附属病院医療連携医院
  • 日本矯正歯科学会認定医
  • 日本歯周病学会認定医
  • マイクロスコープ精密治療に対応
  • 都営三田線内幸町駅0分(駅直結)
    JR線 新橋駅 徒歩5分
  • 東京都港区西新橋1-3-1 西新橋スクエアビル3F

診療時間

各種保険取扱い/新患・急患随時受付

03-3597-7666

24hネット予約

親知らずの抜歯・移植

痛くない親知らずの抜歯や親知らずの移植を実施しております

親知らずの抜歯

日比谷通りスクエア歯科・矯正歯科では、天然歯の保存をモットーに診療を行っており、抜歯される歯の代名詞である親知らずも、移植などの活用法を考慮した上で適切な診断を心がけております。また抜歯となった際も、患者さまができるだけ不安や負担を感じないよう、事前の検査などをしっかり行い、リスクや痛みを抑えた親知らずの抜歯に努めております。現在、親知らずの抜歯や保存についてお悩みの方はぜひ一度当院にて検査をお受けください。

親知らずを移植して咬み合わせを回復することも可能です

親知らずを移植

親知らずはお口の中で最後に生え揃う歯です。トラブルが生じやすく、抜歯と診断されることが多いため、世間では「親知らず=抜かなければばならない」というイメージが強いです。しかし、真っ直ぐ生えて健康な親知らずは、将来的に歯を失った際に移植などによって咬み合わせを回復することも可能です。そのため、トラブルが起こりそうにない親知らずの場合にはしっかりとケアをし、保存するようにおすすめしております。

親知らずの移植は患者さま自身の天然歯を活用する方法のため、インプラントやブリッジ、入れ歯などの人工物に比べて親和性が高く、さらに今までと変わらない感覚で食事や会話ができるため、おすすめの治療法です。

口腔内環境に悪影響を及ぼす親知らずは抜歯を推奨いたします

日比谷通りスクエア歯科・矯正歯科では、親知らずも含め、できるだけ天然歯を抜かないという治療方針で日々、診療を行っております。しかし、下記のような口腔内環境に悪影響が及ぶ可能性の高い親知らずについては、抜歯を推奨いたします。

虫歯・歯周病になっている場合

虫歯・歯周病

親知らずはお口の1番奥に生えるため、ブラッシングが難しく、虫歯や歯周病リスクが高くなります。治療後の再発率も高いため、虫歯や歯周病になった場合は、周囲の歯へ悪影響が及ぶ前に抜歯をおすすめいたします。

前方の歯を押している場合

前方の歯を押している

横向きや斜め向きに生えている親知らずは、前方の歯を押しながら成長します。長期間押され続けた前方の歯は、少しずつ動き、将来的な歯並びや咬み合わせを悪化させてしまう可能性が高いため、できるだけ早めの抜歯をおすすめいたします。

慢性的に炎症を起こす場合

炎症

歯茎に半分埋まっている親知らずはブラッシングが難しく、周辺に汚れが蓄積し、細菌の繁殖によって炎症が起こりやすくなります。親知らずの周辺に起こる炎症は智歯周囲炎といい、症状が悪化すると痛みや腫れだけでなく、発熱や開口障害など様々な症状を引き起こすため、慢性的に炎症が起こる場合は抜歯をおすすめいたします。

周辺に嚢胞が確認できた場合

嚢胞

嚢胞とは膿などが袋状に溜まる病態で、歯茎の中に埋まった親知らず周辺のレントゲン画像などで確認できることがあります。嚢胞が大きくなるなど、状態が悪化した場合は腫れや痛みなどの症状を伴うことがあるため、嚢胞の摘出・親知らずの抜歯をおすすめいたします。

女性は妊娠前に親知らずの抜歯をおすすめしています

妊娠妊娠するとホルモンバランスの変化によって、親知らずが急に痛みだす場合があります。通常であれば、すぐに抜歯を検討するということになりますが、妊娠中は胎児への影響も考え、レントゲンをはじめ、麻酔や鎮痛剤などの服用を控える必要があります。

そのような理由から、女性で将来的にトラブルが起こりそうな親知らずがある場合には、できるだけ妊娠前の抜歯をおすすめしています。

親知らずの抜歯に伴うリスク・注意点について

親知らずの抜歯に伴う痛みやリスクを軽減するための対策

日比谷通りスクエア歯科・矯正歯科では、患者さまに不安なく親知らずを抜歯していただけるよう、抜歯に伴う痛みやリスクを軽減するための様々な対策を実施しております。

歯科用CTによる精密検査を実施

歯科用CT

歯根が肥大していたり、歯茎の中に埋まっていたりなど、難抜歯が予想される特殊な親知らずの場合は、必要に応じて歯科用CTによる精密検査を実施いたします。親知らずはもちろん、顎骨や神経、血管などの状態や位置を把握し、リスクを抑えた適切な抜歯計画を立てます。

痛みや精神的負担に配慮した麻酔

麻酔

親知らずを抜歯する際は、事前に局所麻酔を行うため、抜歯時に痛みを感じることはありません。当院では、事前の麻酔注射の痛みについても配慮しておりますので、どうぞご安心ください。また、恐怖心や緊張の強い方にはうたた寝の状態で処置を受けられる静脈内鎮静法という特殊な麻酔もご用意しております。

痛みを抑えた歯科治療ページ>>

スムーズな抜歯で痛みや腫れを軽減

スムーズな抜歯

抜歯後の腫れや痛みの度合いは、抜歯に要した時間に比例すると言われています。そのため当院では、レントゲン画像やCT画像を基に事前にシミュレーションを実施し、できるだけ短時間で抜歯ができるよう心がけています。

ドライソケット・細菌感染防止対策

ドライソケット

親知らずの抜歯後にかさぶた(血餅)ができなかったり、うがいなどで剥がれてしまったりすると、骨がむき出しになるため、激しい痛みを伴うドライソケットや細菌に感染する可能性が高くなります。このような抜歯後のトラブルを防止するため、当院では抗生物質の処方の他に抜歯部分にコラーゲンを充填する処置なども必要に応じて対応しております。

新橋・内幸町にて痛みを抑えた親知らずの抜歯(移植)は当院へ

痛みを抑えた親知らずの抜歯(移植)

日比谷通りスクエア歯科・矯正歯科では、親知らずの移植など将来的な活用法なども考慮し、親知らずの保存・抜歯について適切な診断を実施しております。また抜歯となった場合も、患者さまが不安にならないよう、痛みやリスクを抑えるための対策をしっかり行い、低侵襲な抜歯を心がけております。新橋・内幸町にて痛みを抑えた親知らずの抜歯(移植)をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る