矯正装置の種類

ホワイトブラケット

従来は金属製のブラケット装置を歯に装着していましたが、白いセラミック製のものを使うことで目立たない矯正治療を実現することが可能になりました。強度は金属よりやや劣るものの、効果はほとんど変わらないため治療期間が長引くことはありません。

詳細はこちら

セラミックブラケット(インビュー)

これまでのセラミックブラケットを、さらに薄く、自然な色に進化させたものです。ワイヤー部分も白いため、お口を開けた時に目立つことはほとんどありません。さらに、装置が小さくなったことでお口の中の違和感も軽減されています。

詳細はこちら

インビザライン(マウスピース矯正)

透明なマウスピースを装着することで、少しずつ歯の位置を移動させていく矯正治療方法です。装置を患者様自身が取り外すことができるため、これまで通りの食事を楽しんで頂くことができます。なお、マウスピースは2週間ごとに新しいものに交換していきます。

詳細はこちら

クリアアライナー(マウスピース矯正)

インビザラインと同じように、透明なマウスピースを使う矯正治療です。インビザラインよりもさらに薄くて目立たないという特徴がありますが、毎回新しいマウスピースを作るための型取りが必要になります。(インビザラインは、治療開始時に全てのマウスピースをシミュレーションで作成します。)

詳細はこちら

インコグニート(裏側矯正)

矯正装置を歯の裏側に取り付けることで、他の人から目立たないようにすることができます。ただし、舌が歯に当って発音しにくくなる可能性があります。

詳細はこちら

デーモンシステム

通常の矯正装置は、それぞれの歯にワイヤーをしっかりと固定していましたが、デーモンシステムはワイヤーを一つひとつの歯に固定せず、歯全体に均一な力を加えるよう工夫されています。そのため、歯への負担が少なく、治療期間も短くなります。

詳細はこちら

リテーナー(保定装置)

矯正が終わってすぐに装置を取り外すと、歯が元の位置に戻ってしまいます。そのため、一定期間はリテーナーと呼ばれる装置を取り付けて、歯の位置を安定させます。

診療のご予約はお電話にて受け付けます。03-3597-7666
top_img05_spimg.png
STAFF BLOG 簡単楽々 24時間ネット予約受付中 モバイル予約はこちら 矯正症例はこちら クレジットカード対応 Doctor's file