診療案内

虫歯

なるべく痛くない治療

当院では、麻酔注射を打つ前にジェル状の表面麻酔を塗ったり、麻酔液をゆっくり一定に注入できる電動麻酔器を使用したりして、患者様にできるだけ痛みを感じさせない治療を行っております。

できるだけ歯を残す治療

歯は美味しい食事を続けていくためにとても重要なもので、永久歯が抜けたら二度と生えてくることはありません。そのため、当院では大切な患者様の歯をできるだけ残すことを考え、削り過ぎないように、そして安易に抜かないように治療を進めていきます。特に、歯の神経の治療は、歯科用CT(保険適用)を活用することで精密に行っていくことができますので、他院で「抜くしかない」と言われた患者様も、一度当院へご相談頂ければと思います。

歯周病

骨を溶かし、全身にも悪影響を与える歯周病

歯周病は、口内で増殖した細菌によって骨が溶かされ、歯を複数失ってしまう可能性がある病気です。また、細菌が血管や唾液によって全身に転移すると、糖尿病の悪化、心臓疾患、肺炎などを引き起こすこともあります。しっかりと正しい歯磨きを行い、定期的に歯科医院でもケアをすることで、清潔な口内環境を守っていくようにしましょう。

歯周病チェック項目

  • 口臭が気になる
  • 口の中がスッキリしない。ねばねばした感じがある。
  • 歯茎から血が出る。
  • 歯茎が腫れている。
  • 冷たい食べ物や飲み物がしみる。
  • 歯がグラグラする。
  • 歯茎がブヨブヨしている。
  • 歯の隙間が広がってきた。

1つでも当てはまる方は、すぐに歯周病の検査を受けるようにしましょう。

当院の歯周病治療

当院では、口臭測定器や歯科用CTなどを使ってしっかりと症状を検査した上で、専用の機器を用いた歯のクリーニングや歯磨き指導をして、お口の中の衛生状態を改善していきます。さらに、もし骨が溶けてしまっている場合でも、エムドゲインと呼ばれるゲルを用いることで骨の再生を促すことが可能です。成人の8割が歯周病もしくはその予備群だと言われています。しっかりと検査・治療を受けて健康な歯を保つようにしましょう。

予防と定期健診

いつまでも健康な歯でいるために

歯科治療も他の医療分野と同じように、早期発見と早期治療がとても大切です。治療は遅れれば遅れる程、治療期間・痛み・経済的な負担などが増えていってしまいます。何も自覚症状がなくても、3ヶ月に1回は定期健診を受けるようにしましょう。

※当院では、会社指定の歯科検診も行っております。用紙をお持ちの方は、ご持参ください。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCとは、歯科医院で行う専門的な歯のクリーニングのことです。ご自宅での正しい歯磨きはもちろん重要ですが、どうしても歯ブラシと歯磨き粉だけでは取りきれない汚れがあります。当院では細菌の除去だけでなく、エアフローを使ってしっかりと着色汚れも取り除いております。お口の中をスッキリさせて、歯本来の色を取り戻したい方は、お気軽にクリーニングにお越しください。

歯科ドック

当院では、歯科用CTなども使用してさらに詳細な検査を実施する歯科ドックを行っております。通常の歯科検診でチェックをする虫歯・歯周病・歯並び・汚れ以外にも、噛み合わせ・顎の筋肉・顎関節などをトータルで検査することができますので、さらにワンランク上の検診に興味をお持ちの方は、ご相談頂ければと思います。

インプラント・入れ歯・ブリッジ

歯を失ってしまったら

歯はバランスを取りながらお互いに支え合っています。そのため、万が一、歯の病気やケガなどで歯を失うことがありましたら、すぐに治療を受けるようにしてください。放置しておくと、隣の歯が倒れてきて、全体の歯並びや噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。

歯を失った時の治療方法・・・3つの選択肢

歯を失ってしまった時の治療方法は、「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3つがあります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、当院ではしっかりと説明をさせて頂いた上で、患者様に納得のいく治療方法を選んで頂くようにしております。もし分からないことや不安なことがありましたら、どんな些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

インプラント

保険 適用外
メリット
  • しっかりと強い力で噛むことができる。
  • 天然の歯に近い美しい仕上がりになる。
  • 健康な歯を削ったり負担をかけたりすることがない。
  • 半永久的に使用できる。
デメリット
  • 保険が適用できない。
  • 治療期間が長い。
  • 口腔外科手術が必要。

入れ歯

保険 適用可(適用外のものもあります)
メリット
  • 保険が適用できる。
  • 治療期間が短い。
  • 健康な歯を削る必要がない。
  • 取り外して洗浄できる。
デメリット
  • 強い力で噛むことができない。
  • 汚れが付きやすい。
  • 口を開けた時に目立ちやすい。

ブリッジ

保険 適用可(適用外のものもあります)
メリット
  • 保険が適用できる。
  • 治療期間が短い。
  • 入れ歯よりは強く噛むことができる。
  • 口の固定で固定されており、装着時の違和感が少ない。
デメリット
  • 健康な歯を削る必要がある。
  • 支えにする健康な歯に負担がかかり、その歯も失いやすくなる。
  • ブリッジと歯茎の間に汚れが溜まりやすい。

目立たない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」

通常の入れ歯は、金属のバネを残っている歯に引っ掛けて固定するため、口を開けた時に目立ってしまったり、口の中で金具が当たって痛みを引き起こしたりすることがありました。バネを使わずに歯茎を覆うことで入れ歯を支える「ノンクラスプデンチャー」なら、そのような心配はありません。金属を全く使わないものや金属床をつけて強度を高めたものなどを、患者様のご要望に応じてお作りします。

ホワイトニング

歯を白くして、素敵な笑顔を

エアフローによる着色汚れ除去によって、歯は本来の色まで戻すことができますが、さらに歯を白くして、もっと素敵な笑顔を手に入れたい方には、ホワイトニングがお勧めです。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

ホワイトニングには、当院内で濃い薬液と専用のライトを使って一気に歯を白くする「オフィスホワイトニング」と、ご自宅でマウスピースに薬液を付けて装着することによって少しずつ歯を白くする「ホームホワイトニング」があります。当院では、どちらもポリリン酸と呼ばれる薬液を使用しています。これは、体内にもある物質ですので、安全でしみにくく、透明感のある白さを出すことができます。

ホワイトニングの価格についてはこちら

ポリリンプラチナホワイトニング

「痛みの少ない・気軽にできる・効率の高い」
新しいホワイトニングの施術方法が登場

1「3倍」白くなります
※個人差がございます。

世界初のプラチナナノコロイド配合されることにより「分割ポリリン酸Na」の働きがさらに活性化されます。
これによりホワイトニングの効果をさらに高めることができます。
歯の内部まで入り込み漂白を行います。「分割ポリリン酸Na」により漂白効果のアップに加え、歯の表面に付着した汚れを浮かせはがし、さらにコーティングすることによって透明感のある白い歯にすることができます。
従来のホワイトニング罪を使用したときよりも3倍ほど白くすることが期待できます。(個人差は生じます)

2痛くなりにくく、しみにくい

従来のホワイトニング剤は色素を分解する際に歯から水分が抜けててしまう為、痛みが生じたり、着色がしやすくなるというようなことがおこりました。
ポリリンホワイトニングでも脱水効果があるものの浸透性と吸水性がつよい「分割ポリリン酸Naがつく為歯の表面の傷を埋めることができ、表面を強くし、しみにくくすることができます。

3色もどりが少なく、透明感を残します

従来のホワイトニング剤は24時間はコーヒーや紅茶・ワインなど着色するものを禁止されてしまいますが、ポリリンホワイトニングはコーティングがされることにより着色しづらく終わった直後から普通に食べたり飲んだりしても白さに影響がありません。

4「歯質を強化」する期待ができます

「分割ポリリン酸Na」のコーティングの作用によって歯質が強くなり、虫歯予防にも効果が出ています。ポリリン酸はカルシウムと結合することで歯の表面を強化します。

詰め物・被せ物

白く美しい歯に戻しましょう

歯を削る治療をした後は、「詰め物」「被せ物」と呼ばれる人工の歯を装着することになります。以前は、セラミックは白いが割れやすいという欠点を持っていましたが、今では素材の開発が進み、見た目・耐久性ともに優れたものが増えてきました。

オールセラミック

見た目が美しく、ほとんど変色しません。

美しさ ★★★★★
耐久性 ★★★★
耐変色 ★★★★★
金属アレルギー なし
 

ジルコニア

内側にジルコニアと呼ばれる固い素材を使用しているため、非常に強度があります。

美しさ ★★★★
耐久性 ★★★★★
耐変色 ★★★★★
金属アレルギー なし
 

e-max

特殊なセラミックを使用して作られており、透明感があるので前歯に最適です。

美しさ ★★★★★
耐久性 ★★★
耐変色 ★★★★★
金属アレルギー なし

これらの素材でお作りする時は、型取りや模型に使用する素材もより精密に加工ができるものを使用しています。また、歯にはめ込む際にセメントなどを使用しないため、後々隙間ができる心配もありません。

詰め物・被せ物の価格についてはこちら

白い詰め物・被せ物に対する保険の適用範囲が広がりました

2014年4月から、前歯と奥歯の中間にある歯(4番・5番の歯、糸切り歯の奥にある歯です)に対して、ハイブリッドレジンと呼ばれる白い人工歯を保険診療で適用することが可能になりました。既に金属の歯を入れられている方も、不具合などで取り替える際にはハイブリッドレジンをお選び頂くことができます。

詰め物・被せ物治療に対するこだわり

詰め物や被せ物は、単にはめ込めば良いというものではありません。前歯の形は顔の印象に大きく関わるため、当院では患者様のお顔の形やどのような雰囲気を出したいかなどを考慮した上で、最適な長さ・形に加工するようにしています。一方、奥歯は噛み合わせが特に重要ですので、当院では詰め物・被せ物を作る前後でしっかりと顎の動きや歯のあたり方などを確認するようにしています。何度も詰め物や被せ物を作り直してきたけどいまいち納得のいくものができていないという方や、過去の治療痕から虫歯ができてしまったことのある方は、是非当院へご相談にいらしてください。当院は治療時の削り方をできるだけ精度を高く行うのはもちろん、製作を担当している技工士と密なコミュニケーションを取ることで、可能な限り精密な詰め物・被せ物をお作りするようにしています。また、製作納期も患者様のご都合やご要望に合わせて、可能な限り対応するようにしております。

口腔外科

専門医による治療

当院は口腔外科の専門医が在席しており、豊富な知識と高い技術によって安心・安全な治療を行っております。また、症状によっては提携している東京医科歯科大学への紹介もしておりますので、まずはお気軽にご相談頂ければと思います。

親知らず

親知らずは、正常に生えてくる人の方が少なく、場合によっては隣の歯を押して歯並びを悪くしてしまったり、斜めに生えてきて虫歯ができやすくなったりします。当院では、レントゲンだけでなく歯科用CTを用いて神経・血管の位置まで正確に把握してから抜歯を行いますので、余計な侵襲がなく、治療時のリスクも大幅に減らすことができます。

顎関節症

顎関節症の原因は、ストレス・噛み合わせ・顎の変形など多岐に渡ります。当院では、ただ痛みを抑えるだけの対症療法ではなく、しっかりと原因を特定した上で、マウスピース装着や顎の運動といった適切な治療を行っていきます。今まで口が開きづらくても我慢していた方や、顎を開ける時に痛みのある方は、是非当院へお越しください。

いびき治療

いびきの主な原因は、喉の気道が塞がってしまうことにあります。当院では、睡眠時に装着することで気道を広げるマウスピースをお作りしますので、いびきでお悩みの方はお気軽にご相談頂ければと思います。

過剰歯

歯茎の中で、乳歯でも永久歯でもない過剰歯と呼ばれる歯が作られることがあり、放っておくと歯並びに悪影響を与える可能性があります。当院では、歯科用CTを使って立体的な画像検査をすることができますので、できるだけ今生えている歯を傷付けることなく安全に抜歯処置をすることが可能です。

ボトックス注射・ヒアルロン酸

ボトックスは、筋肉を弛緩させて過剰な力が入らないようにするための薬です。食いしばりや歯ぎしりの癖があり歯が壊れるリスクをお持ちの患者様や、笑った時に口唇が上がって歯茎が露出する患者様に使用することができます。また、入れ歯などが原因でほうれい線が気になる方にはヒアルロン酸の注射も行っております。

小児歯科

お子さんの歯のケア

幼少期は日々成長をしていくため、発育段階に合わせて適切な歯のケアを行っていくことが重要です。歯ぎしりが顔の成長に悪影響を与えたり、残っている乳歯が永久歯の邪魔をして歯並びが悪くなったりすることがありますので、定期健診に通いながらしっかりと早めの処置を行っていくようにしましょう。当院では、検診時に歯ブラシや歯磨き粉の選び方などもアドバイスさせて頂いておりますので、お子さんの歯のケアで分からないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

フッ素塗布とシーラントで虫歯予防

当院では、事前に虫歯を予防するための措置を行っております。フッ素は、定期的に歯に塗布することで、虫歯菌に負けにくい強い歯を作っていくことをサポートします。また、特に虫歯になりやすい奥歯の溝をあらかじめプラスチック素材で埋めてしまうシーラントも虫歯予防に有効です。

良い歯並びは一生の宝物

歯並びが悪くなると、見た目が気になるのはもちろんのこと、噛み合わせの悪さから脳の発育にも支障をきたすことがあります。特に、以下のような状態になっている方は、早めの矯正治療のご相談をして頂ければと思います。

  • 乳歯が隙間なくきれいに並んでいる
    永久歯は乳歯よりも本数が多く、1本1本のサイズも大きいため、乳歯の時点で隙間がないと永久歯はきれいに並ぶことができません。
  • 反対咬合(受け口)
    顎の形や舌の癖によって、舌の歯が前に出てきてしまうことがあります。
  • 癒合歯(ゆごうし)
    2本の乳歯がくっついて1本になっていることがあり、歯並びにも悪影響を与えることがあります。

マイナス1歳からのマタニティ歯科

妊娠をすると、ホルモンバランスが崩れて歯周病にかかりやすくなる傾向があります。一方で、妊娠中は麻酔や薬をできるだけ使用することを避ける方が多いため、妊娠の可能性がある方は早めに歯のケアを始めるようにしましょう。また、妊娠中であっても可能な治療はありますので、まずはご相談頂ければと思います。

診療のご予約はお電話にて受け付けます。03-3597-7666
top_img05_spimg.png
STAFF BLOG 簡単楽々 24時間ネット予約受付中 モバイル予約はこちら 矯正症例はこちら クレジットカード対応 Doctor's file